転職ノウハウ

ちゃんと考えよう!転職理由

みなさんこんにちは!

今日は、後悔しないための転職について、その考え方を紹介したいと思います。

何故なら、はりきって転職したにも関わらず、

「こんなはずじゃなかったのに…」

と後悔している方も多いからです。

無駄に増えてしまった職歴は大きなマイナスです。自分のキャリアにも大きな傷がつきます。何も良いことはありません。

では、何故転職後に後悔する人が多いのでしょうか?

「転職ですべてがうまくいく」わけがない

優先順位を決めないと必ず失敗します

転職を考えている皆さんは、恐らく現職に対して何らかの不満をもっているはずです。

待遇、人間関係、通勤時間、考えればいくらでも出てきそうですね。

「転職すれば今の悩みから全て解放される…」

そう考えがちになるのも無理はないと思います。しかし、残念ながら転職して全てが思い通りになるわけではありません。

高い給与を貰っている人は、その分プライベートを犠牲にして仕事に打ち込んでいるで
いる場合が多いでしょう。人間関係もピリピリしたものかもしれません。

一方、趣味に時間をかけたい人は余暇の多い仕事を希望されると思いますが、その場合、
高い収入を期待することは難しいですね。

「あっちを立てればこっちが立たず」

という表現がしっくりとくるのでしょうか?要は、転職することで何を一番に実現させたいのかを考えるのです。

「早く転職したい!」と思う人ほど、この部分を見失いがちになります。

結果として、せっかく転職した会社に対してまた不満が出てくるのです。

自分にとって絶対に譲れないことを軸にして、我慢できることにはある程度妥協していくことも必要です。

「出来ること」「出来ないこと」を把握しよう

次に、自分が出来ること、出来ないことをしっかりと把握しておくことも大事です。

転職ではそれまでの職務経験が重視されるということは、前の記事でも再三述べてきました。

ポテンシャルのみで評価され入社後も一からしっかりと教育してくれる新卒採用と違い、中途採用ではある程度の即戦力を希望しています。

「この仕事がしてみたい」という希望ももちろん大事ですが、「自分はこういう経験をしてきましたので、御社でこのように活躍することが出来ます」

と、自分を採用することのメリットを伝えていく必要もあります。

考えを整理しよう

先ずは書き出してみること

それでは、どうしたらよいのでしょうか?

頭で考えていても中々考えはまとまりません。

実際に書いてみるとすっきり理解出来ますよ。手順は以下の通りです。

現在の職場環境を分析

まず。あなたが仕事ををするに当たって重要だと感じている項目を書き出してみて下さい。

例えば、給与や人間関係、会社の将来性など何でも構いません。

次に、書き出した各項目に対して、現状であなたがどれだけ満足できているのか、点数を書き出すのです。

点数の範囲は0〜5ぐらいが調度良いでしょうか。点数を付けたら、それらを全部足して総点を算出して下さい。

理想の職場像を掴む

次に、前段で書き出した各項目に、「新しい職場はこんな感じだといいなぁ」とイメージしながら再度、点数を割り振っていって下さい。

ただし、点数の上限は、前段で算出した総点です。

いかがでしょう。

こうすることで、あなたにとってマッチする職場がイメージできたのではないでしょうか?

分析のポイント

上記の分析のポイントは何でしょうか?

それは、結局、全体の幸福度を上げることは困難だということなのです。

転職に対して、少しシビアに考えることが出来るようになったのではないでしょうか?

自己分析も忘れずに

キャリアの棚卸をしよう

まだまだ続きます。先ほどは「自身の希望」を中心とした分析でしたね。

今度は、自分に何ができるのか、どのような時に幸せを感じてどのような時に辛いのかを客観的に見つめ直すのです。

いわゆる「自己分析」です。

その中でも重要なのがキャリアの棚卸です。

自分が今までどのような仕事をしてきて、なにが出来るのかを考えてみましょう。この作業は、職務経歴書を書きながら考えるのが効果的です。

ただ、漫然と考えるだけではなく、自分の「売り」となる経験や知識、技能は何なのかに注目しましょう。

会社がホントに欲しい人材とは?

辞めない人が一番

ここまで色々お話させて頂きましたが、その理由は転職後のミスマッチを防ぐためです。

会社が一番求めるのはどのような人材でしょうか。

もちろん、優秀で仕事が出来る人材は喜ばれます。

しかし、それ以上に重視されるのは、

「辞めない人材」

なのです。新しい人材を募集するのにはコストがかかります。

入社後も教育しないといけないことは多いでしょう。

たとえ即戦力で入社した人もです。一時的に生産性が低下しても、将来のために新しい人材に投資するのです。

しかし、その途中で退職されてしまったら、金銭的にも時間的にも大幅なダメージを受けてしまうのです。

教育の仕組みがしっかりしている企業であれば、取り立てて優秀でなくとも普通の人材であれば十分に活躍できるレベルに達することができます。

事前準備をしっかりとした人が有利です

しっかりと自己分析を行ってきた人は自然と自分にマッチした企業を選ぶようになるでしょう。

結果として面接でも好印象を与えることが出来ます。

一方、手当たり次第に応募している人は、面接でどうしても無理な受け答えをしがちになり、面接官の腑に落ちず不採用となります。

たとえ優秀なビジネスパーソンであったとしてもです。面接官は直感的に「うちには合わないな」と感じてしまうのです。

おわりに

よく「面接はお見合いのようなものだ」と言われる理由、わかりましたでしょうか?

ぜひ、この記事を読んだ皆さんが良い就職先に巡り合えたらと思います。それでは、また次回お会いしましょう!

転職前に自分の強みを知ろう!!

グッドポイント
転職をしようと考えたら、まずは自己分析ですね。
リクナビNEXTのグッドポイント診断ならあなたの強みを無料で診断してくれます。

無料診断をする