転職ノウハウ

【30代転職の壁】マネジメント経験は必要?

みなさんこんにちは。今日は30代からの転職についてお話させていただきます。

この年代で転職を決意される方も多いのではないでしょうか?

20代で実務経験を積み年収アップを期待される方、思い切ったキャリアチェンジを試みる方、はたまたブラックな職場環境に耐えかねた方など事情は色々とあると思います。

そんな30代転職希望のみなさんにお届けする今日のテーマは、マネジメント経験です。

こちらの記事で30代以上で未経験職種に転職することは困難を伴うということをお話させて頂きました。

異職種へ転職したい!キャリアチェンジを成功させる方法最近、「新しいこと(異職種)にチャレンジして心機一転したい」と転職を目指す方が多くなったという話を聞きました。 転職者の3人に1人...

確かにそうなのですが、まだまだ今後の可能性を秘めている30代です。

「未経験可」の求人は多いです。実際に内定をもらえるかどうかは別として、選考の土俵に上がることの出来るチャンスは多いと言えます。

しかし、社会人経験も10年を超える30代となると、職種の経験以外にも企業が求職者に求める要素は増えてくるのです。

それはズバリ、「マネジメント経験」です。

 

マネジメント経験とは?

マネジメントの定義

マネジメントとは何でしょう?

既に知っている方も多いとは思いますが、要はメンバーの行動を管理し、組織が目標を達成するために導くことです。

アメリカの有名な経営学者、P.F.ドラッカーが提唱した概念になります。

ここでは、マネジメントの細かい概念の説明については割愛させて頂きますが、リーダーや管理職と言えばイメージしやすいのですよね。

これらの役割を持った人材を総称して「マネジャー」と呼びます。

重視されるマネジメント経験

組織においてマネジメントを行うことが出来る人材は貴重です。

マネジャーの管理の仕方によってメンバーのパフォーマンスは驚くほど変わってきます。

経験があるかもしれませんが「この上司(リーダー)のためなら頑張ろう」と思ったことはありませんか?

逆に、嫌な上司(リーダー)だった場合、「なんでこんな奴のために…」とモチベーションも下がったこともあるでしょう。

上記は一例ですが、30代から40代のミドルマネジャーは現場と経営陣をつなぐ重要なポジションを担っています。

自分の業務をこなしながら部下の管理を行うプレイングマネジャーでもあり、その責任も重大ですが、それだけ企業からの評価も高いと言えます。

30代以上であれば求職者に提示する年収も高くなってくるため、企業はできればマネジメント経験のある人材を採用したいと考えるのです。

未経験の場合はどうする?

まずはキャリアの洗い出しをしよう!

「そんなマネジメントの経験なんてありませんよ…」

そんな声が聞こえてきそうですね。

マネジメントというと、係長や課長など役職をもった経験者をイメージしている方も多いのではないでしょうか?

しかし、そうでもないのです。

新入社員を指導した経験、ちょっとしたグループのリーダーを務めた経験なども広い意味ではマネジメントの経験に入ります。

また、短期的なプロジェクトの責任者になった経験もそうです。

あなたが気付いていないだけで、実は経験していたかもしれないのです。

そもそも、30代の求職者に求められるマネジメント経験はそこまで高度なものではないでしょう。

経営を左右する意思決定を迫られることもある上位管理職経験などはまず求められません。

まだまだポテンシャルを見られる年齢でもあるのです。実際、求人票でも「管理職候補」となっていることが殆どです。

もちろん、企業によって求めるレベルの差はあると思います。しかし、あくまで将来の幹部候補としての適性を見られているにすぎません。

経験がなければつくればいい

積極的にチャンスをつくろう!

経験があれば有利になるマネジメント経験ですが、絶対というわけでもありません。

しかし、やはりアピールすることが出来れば大きな加点要素になります。

もし、あなたが緊急に転職する必要に迫られていないのであれば、比較的短期間でそのキャリアをつくることも可能だと思います。

例えば、職場にある問題点を探し出し、それを解決する責任者になることを自ら申し出るのです。

月に一度、他部署を交えたミーティングを開催することを発案し、その取りまとめ役になる、などはいかがでしょうか。

担当は自分一人でも構いません。他者の意見を取りまとめたり日程のスケジュールを調整することも立派なマネジメント経験です。

その企画が成功し、会社にとってプラスになれば自身のキャリアアップになりますし、面接でも評価の対象となります。

いや、それ以上に自ら積極的に会社に対して働きかけたことが重要かもしれません。

自ら積極的に動く、それも管理職候補として重要な適性です。

おわりに

いかがでしょう。30代以上になると転職で求められるものは多くなってきます。

しかし、ここでやる気を出して自分のキャリアを積極的につくっていく意思があるか、そうでないのかで、これからの職業人生は大きく変わってくることは間違いありません。

ぜひ、一度考えてみてはどうですか?

それではみなさん。また次回、お会いしましょう!

転職前に自分の強みを知ろう!!

グッドポイント
転職をしようと考えたら、まずは自己分析ですね。
リクナビNEXTのグッドポイント診断ならあなたの強みを無料で診断してくれます。

無料診断をする